BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ロストパラダイス・イン・トーキョー」 2010

ロストパラダイス・イン・トーキョー

★★★☆☆

 

あらすじ

 知的障害を抱える兄と暮らす主人公。兄のために呼んだ風俗嬢としてやって来た地下アイドルをする女と、やがて不思議な関係の共同生活を送るようになる。

 

感想

 知的障害の兄と暮らす主人公の前に現れた地下アイドルで風俗嬢の女。兄に気に入られ、いつの間にか姉弟が暮らす家に居つくようになる。彼女の兄への接し方が、主人公の固定化されてしまった兄に対する扱い方に変化を与えていく。ただ、主人公も長年世話をしてきた中で出来上がったやり方であるし、そんな中で兄のことを考えてグルグルと何周も悩んだだろうことを思うと、責める気にはなれないが。第三者がわかったような口を聞くなと言いたくなるところだろう。

 

 妙にポジティブで兄とも仲良く出来てしまう女は、ちょっと男の理想過ぎやしないか、という気もしないではない。一応、ニコニコしながらも時々プライドを感じさせる言葉や態度を表したりはしているが。住所不定で住む所がないというのはあるが、それでもなぜこの兄弟の所に転がり込もうとしたのか、うまく納得できない部分はある。

 

 彼ら三人の間にドキュメンタリー映像を撮る男が入ってくることにより、うまく言っていた三人の関係に微妙に変化が訪れていく。登場人物たちが取る行動は、どれも正解とも間違っているとも言えないような、白黒はっきり出来ないものばかり。でもそれが現実というものだろう。世の中は複雑で簡単ではないけれども、数ある選択肢の中でベターと思えるものを選んでいくしかない。

 

監督/脚本 白石和彌

 

脚本 高橋泉

 

出演 小林且弥/内田慈/ウダタカキ/奥田瑛二

 

ロストパラダイス・イン・トーキョー - Wikipedia

ロストパラダイス・イン・トーキョー | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com