BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ミッション」 1986

★★★☆☆ あらすじ 1740年代、南米の滝の上の村で布教活動を行うイエズス会の宣教師たち。カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。 感想 異国の異文化の原住民たちが暮らす村に布教活動のためにやって来た宣教師たちが、現地の植民地社会や本国の意向に翻弄され…

「虚人たち」 1981

★★★☆☆ あらすじ 妻と娘がまったく別の案件で拉致されてしまった男。 感想 自分は小説の中の主人公だという事を自覚している人物が主人公。最初はその設定が分からないので、妙に回りくどい記述が多いなと不審に思っていたのだが、その仕組みが分かるとそうし…

「家族」 1970

★★★★☆ あらすじ 長崎の小さな島を出て、北海道の開拓村に移住する事にした一家。民子3部作の第1作目。キネマ旬報ベスト・ワン作品。 感想 一家が島を出るシーンから物語が始まる。移住を決意し島を出ることになった経緯が描かれて、その後は北海道での開拓…

「モール・ラッツ」 1995

★★★☆☆ あらすじ 共に恋人にフラれた二人の青年は、憂さ晴らしにショッピングモールに出かける。ヴュー・アスキューニバースの映画シリーズの第2作目。 感想 ショッピングモールを舞台に繰り広げられるコメディ。めちゃくちゃ面白いわけではないが、全然面白…

「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」 2019

★★★☆☆ あらすじ その気のなかった年の差夫婦が、ふとしたきっかけで子供を持つことを決意し、妊活を始める。 感想 コミカルに爽やかに描いてはいるが、「妊活」がテーマなだけにやはりどこかに重苦しさがある。不妊は大抵どちらか片方に原因があるので、その…

「マシニスト」 2004

★★★★☆ あらすじ 不眠症の機械工の前に謎の男が現れ、それ以降奇妙な出来事が起こるようになる。 感想 不眠症の主人公を演じるクリスチャン・ベールのガリガリに痩せこけた姿がなかなかショッキング。そのヤバさだけで映画に惹きつけられてしまうが、極端な体…

「ギケイキ2 奈落への飛翔」 2018

★★★★☆ あらすじ 兄の頼朝と合流し、目覚ましい活躍で平家を滅ぼすも、兄に恐れられ疎まれるようになってしまった源義経。 感想 3年前に読んだ前作はほぼ内容を忘れてしまっていたが、今作では源義経が兄・頼朝と合流してから、兄に疎まれ都落ちするまでが描…

「徳川の女帝 大奥」 1988

★★★☆☆ あらすじ 江戸時代、11代将軍・家斉の治世。出世を狙う男の養女として、大奥に送り込まれた女。 感想 大奥に入った主人公が、養父の出世のために将軍に気に入られようと、女たちの世界で奮闘する様子が描かれていく。想像していたような女同士の足の引…

「THE INFORMER/三秒間の死角」 2019

★★★☆☆ あらすじ FBIに協力することで仮釈放されていた元軍人の男は、潜入捜査官の殺人現場に居合わせた事でNY市警らに目を付けられ、危険な立場に立たされる。 感想 FBIに協力するも、別件でNY市警に目を付けられてしまった主人公。マフィアのボスには商売が…

「ビブリア古書堂の事件手帖」 2018

★★☆☆☆ あらすじ 亡くなった祖母の大事にしていた本の秘密を探るため、古本屋を訪れた主人公は、ひょんなことからそこでアルバイトをすることになる。 感想 主人公の祖母の若き日の秘密の恋と、古本屋の希少本が何者かに狙われるという話、その二つの物語が並…

「運命のボタン」 2009

★★★☆☆ あらすじ ある日突然、謎のボタンが家の前に置かれ、知らない男からある提案を持ちかけられた夫婦。原題は「The Box」。 感想 謎の男が突然やって来て、このボタンを押せば100万ドル上げます、ただしあなたの知らない誰かがどこかで死んでしまいます、…

「今日も嫌がらせ弁当」 2019

★★☆☆☆ あらすじ 会話がなくなった反抗期の娘のために、毎日嫌がらせのキャラ弁を作る母親。 今日も嫌がらせ弁当 作者:Kaori(ttkk) 三才ブックス Amazon 感想 やっぱりキャラ弁ネタだけで映画を作るのは厳しかったなと言うのが素直な気持ちだ。嫌がらせのキャ…

「カリフォルニア・ダウン」 2015

★★★★☆ あらすじ 史上最大規模の巨大地震が起こり、家族を助けるために現地に向かうレスキュー隊員。原題は「San Andreas」。 感想 巨大地震でダムは壊れて高層ビルは次々と崩れ落ち、そして大津波がやって来るディザスタームービー。とにかく映像の迫力がす…

「動物農場」 1945

★★★★☆ あらすじ 農場主を追い出し、動物による動物のための生活を始めた農場の動物たち。 感想 自分たちから搾取する農場主を追い出し、動物のための自由で平等な社会を始めたはずが、結局は新たな独裁者が現れただけで、暮らしはより苦しくなってしまったと…

「夜明けの街で」 2011

★★☆☆☆ あらすじ 不倫など馬鹿らしいと思っていたのに、不倫にのめり込んでしまった男。129分。 感想 不倫相手にサスペンスの気配を感じさせながら、主人公が不倫にのめり込んでいく過程が描かれる。でも奥さんは疑う様子を見せないし、不倫相手は駄々をこね…

「セックス・アンド・ザ・シティ2」 2010

★★★☆☆ あらすじ 中東アブダビの豪華ホテルに招待されたいつもの4人組。146分。 感想 いつもの4人組が中東に。エキゾチックで豪華な旅行を見せながら、いつもの女の友情や人生についてが描かれていく。ただ、彼女たちの乗るファーストクラスの飛行機や泊まる…

「アナザヘヴン」 2000

★★☆☆☆ あらすじ 殺した人間の脳みそを使って料理するという猟奇殺人事件が立て続けに起き、犯人を追う刑事。131分。 感想 まるで、みなさんご存じテレビドラマの映画化ですと言わんばかりの、いきなり本題から始まる導入部分。だが別にそういう流れで作られ…

「Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔」 2020

★★★☆☆ 内容 コロナ対策で世界的な注目を集めた台湾の若き天才IT相、オードリー・タンの様々な顔を紹介する。 唐鳳 - Wikipedia 感想 オードリー・タン、彼女については台湾のIT担当大臣としてマスクマップを始め、ITを活用して臨機応変にコロナ対応した天才…

「ゼイリブ」 1988

★★★☆☆ あらすじ 真実が見えるサングラスで地球が宇宙人に支配されていることを知った男は、仲間と共にレジスタンス活動に参加する。 感想 宇宙人に地球を侵略されるという物語はよくあるが、サングラスをかけると支配された本当の地球の姿が見えるという設定…

「14の夜」 2016

★★★☆☆ あらすじ セクシー女優が近所のレンタルビデオ屋にやって来るとの噂を信じて、深夜に集まった冴えない中学生たち。 感想 舞台は1987年の田舎町。田園風景が広がって古い日本家屋が登場したりするのに、大きなアーケードの商店街もあって、いまいちどん…

「愛は静けさの中に」 1986

★★★★☆ あらすじ 片田舎のろう学校に赴任してきた教師は、そこで働く若い聾唖(ろうあ)の女性と出会う。原題は「Children of a Lesser God」。 感想 片田舎のろう学校に赴任してきた主人公が、生徒に熱心に教えようとするのは言葉を発声すること。この世界の…

「ある男」 2018

★★★★☆ あらすじ 不慮の事故で亡くなった夫が別人に成りすましていたことが判明し困惑する女性から相談を受け、その男の素性を探ることになった弁護士。 感想 自分の結婚相手が名前や素性を偽っていたと知ったら間違いなく驚く。しかも偽名ではなく実在する赤…

「楽園」 2019

★★☆☆☆ あらすじ 少女失踪事件が起きたある小さな集落の人々のその後。 感想 冒頭からしばらく、登場人物たちの挙動不審で不自然な言動が続く。外国人役のたどたどしい日本語だったり、心を閉ざした青年のぎこちない動きだったりと、妙に引っかかるわざとらし…

「終わりで始まりの4日間」 2004

★★★★☆ あらすじ 母親の葬儀のために9年ぶりに故郷に戻って来た青年は、一人の女性と出会う。原題は「Garden State」。 感想 冒頭からユーモアを交えた表現で、主人公の青年の現状を描き出していく。面白く笑えるのだが、勝手にナタリー・ポートマンがメイン…

「僕らは歩く、ただそれだけ」 2009

★★★☆☆ あらすじ 恋人がニューヨークに行ってしまって落ち込むカメラマンの女は、ある日ふらりと地元に立ち寄る。元はSPANK PAGEの宣伝用映像として撮影されたもの。菅野ぱんだの写真集「1/41 同級生を巡る旅」にインスパイアされたものでもある。 www.youtub…

「ANON アノン」 2018

★★★☆☆ あらすじ 人々の視覚情報などまで保存・管理され、事件が起きてもすぐに解決する監視社会。しかし、当局に情報がなく、感知できない匿名の女が関わる連続殺人事件が起き、刑事が真相を追う。 感想 とても物静かで落ち着いた雰囲気の映画。そう聞くと眠…

「タクシー運転手 約束は海を越えて」 2017

★★★★☆ あらすじ 大金に釣られて軍事弾圧真っ只中の光州へドイツ人ジャーナリストを連れていくことになったタクシー運転手。実話を基にした映画。 光州事件 - Wikipedia 感想 デモで渋滞が起きると舌打ちをしながら引き返すようなタクシー運転手の主人公は、…

「狼たちの報酬」 2008

★★☆☆☆ あらすじ 銀行員、ギャングの手下、歌手、医師らの人生が交錯する物語。原題は「The Air I Breathe」。97分。 感想 様々な人物が登場し、彼らの人生が少しずつ交錯して織りなす物語。うまくいけば「パルプ・フィクション」のようにめちゃくちゃ面白く…

「散歩する侵略者」 2017

★★★★☆ あらすじ 行方不明になっていた夫が保護されるも別人のようになっていて戸惑う妻。 感想 夫が別人のようになって不可思議な言動をするようになり、しまいには宇宙人に乗っ取られたと言い出して困惑する妻。しかしこの夫、挙動不審でとぼけた言動を繰り…

「花筐」 2017

★★★☆☆ あらすじ 映画化された「花筐」を含む短編集。 感想 映画の「花筐/HANAGATAMI」を観てこの本を手に取ったのだが、映画は大体この原作に沿ったものだったのだなという印象だ。ただ映画では濃厚に感じられた戦争の気配はない。だが1937年に書かれた小説…