BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「悲しみよこんにちは」 1958

悲しみよこんにちは (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 少女が父親とその恋人と共に過ごす避暑地に、死んだ母親の親友だった女性がやって来る。

 

感想

  主人公のセシールを演じるジーン・セバーグがなんと言っても魅力的。物憂げな現在を表した白黒映像でも、輝いていた昨年の夏を表すカラー映像でも、ショートカットでファッショナブルな彼女の姿が映える。とりあえず彼女を見ているだけで全然もつ。

Jean Seberg

Jean Seberg

  • 作者:Collectifs
  • 発売日: 2014/05/05
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 そして、恋人を盗られる若い女、新しい母親として責任を感じる女性、そしてその間を飄々とした態度で切り抜ける男、と難しい役どころの他のキャスト達も、なかなかの演技。特に男に捨てられる若い女役のミレーヌ・ドモンジョの天真爛漫さが、意外と良かった。

 

 原作を読んだ後に見たこの映画は、ちょっと説明が足りない薄味になっているかなと思ったが、よく考えるとそれを役者陣の演技で補っているのかもしれない。彼らの視線や表情が心の動きを良く表していた。女中が頻繁に入れ替わったり、そのうちの一人が仕事中に皆の前で何度も横を向いて水を飲む仕草などは、物語の行く末を暗示しているようで、細かい部分までよく考えられている。これに主人公の魅力も計算していたとしたら、本当によく出来た映画だ。

 

 

 主人公のショートカットが「セシルカット」として流行した映画として知られるが、個人的には浅香唯が「映画で見たセシルのように…」と歌っていたのは彼女の事か、という意味で感慨深い。

www.youtube.com

 

スタッフ/キャスト

監督 オットー・プレミンジャー


原作 

bookcites.hatenadiary.com

 
出演 デボラ・カー/デヴィッド・ニーヴン/ジーン・セバーグ/ミレーヌ・ドモンジョ/ジェフリー・ホーン/ジュリエット・グレコ
 

悲しみよこんにちは (字幕版)

悲しみよこんにちは (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

悲しみよこんにちは (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com