BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「トレイン・ミッション」 2018

トレイン・ミッション(字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 長年勤めた保険会社にクビを告げられた元刑事の男は、帰りの通勤電車で出会った見知らぬ女性の、大金をチラつかせた怪しい依頼に応じてしまう。

 

感想

 大金につられ、見知らぬ女性の依頼に応じてしまった主人公。監視されて逃げることも出来ず、脅迫もされて、車内のある人物を探すという求めに応じざるを得なくなってしまう。

 

 しかし、なんども列車内を往復したり、目ぼしい人物に声をかけたりする主人公の孤軍奮闘ぶりを見ていると、元刑事とはいえ60歳の初老の男にそんな依頼するなよ、と思わないでもない。車内で敵と格闘する激しいアクションもあり、本当ならこの仕事は若者に頼むべき仕事だよなと思ってしまった。ただ終盤に明らかになるのだが、彼に依頼した理由はちゃんとあるのでストーリー的には間違っていないのだが。

 

 

 目ぼしい人物を絞っていくサスペンス感と程よい感じで差し込まれるアクションで、いい緊張感をもってダレることなく続く。途中で乗客を一つの車両に集めるというのは、映画的に分かりやすくなって上手いアイデアだった。とはいえ、別の車両であんなに激しく暴れたら、さすがに他の乗客に気付かれるのでは、と思ってしまったが。

 

 目的の人物が見つかり電車も終点に近づいて、これで映画も終わりかと思っていたら、ここからさらなる展開が待ち受けていた。それは激しいアクションというよりもただの大事故といった方がいいような出来事から始まる。これでほぼ全員がほとんど怪我無く無事だったのはもう奇跡としか思えない。

 

 最後のクライマックスは、伏線が丁寧過ぎてバレバレだったのが残念。当然主人公も薄々は気づいているのだろうなと思っていたので、あまりに警戒心のない素直な行動に逆に驚いてしまった。ただ、他の乗客たちが身を挺して敵に立ちはだかる姿には胸が熱くなった。これは犯人の「善人ぶっても馬鹿を見るだけ」という言葉にも呼応するものだろう。

 

 エンディングを小粋に決めた後、路線図に見立てた洒落たエンドクレジットが流れる締めくくりで、気分よく見終われることができた。細かい部分で色々引っかかる部分がある映画ではあるが、娯楽作品としては十分楽しめる。

 

スタッフ/キャスト

監督/製作総指揮 ジャウム・コレット=セラ

 

出演 リーアム・ニーソン/ヴェラ・ファーミガ/パトリック・ウィルソン/ジョナサン・バンクス/サム・ニール/エリザベス・マクガヴァン/アンディ・ナイマン/クララ・ラゴ/ローランド・ムーラー/フローレンス・ピュー/ディーン=チャールズ・チャップマン/コリン・マクファーレン/レティーシャ・ライト

 

音楽 ロケ・バニョス

 

トレイン・ミッション(字幕版)

トレイン・ミッション(字幕版)

  • 発売日: 2018/08/15
  • メディア: Prime Video
 

トレイン・ミッション - Wikipedia

トレイン・ミッション 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

嵐が丘 (新潮文庫)

怒りの葡萄〔新訳版〕(上) (ハヤカワepi文庫)

bookcites.hatenadiary.com

モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫) 

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com