BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ヤングマスター 師弟出馬」 1980

ヤング・マスター/師弟出馬 (字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

  道場を出奔した兄弟子を探す弟弟子。

 

感想

 冒頭は敵対する道場との獅子舞での対決。正直、これがどういう競技なのだか良く分からず、楽しめなかった。台から落ちたらいけないとか、衣装が取れてしまってはいけない、というルールのようだが、それだと獅子らしく舞うことを放棄して、そっちに全力を傾けてしまいそうなものだが。プロレスのように、ロープに投げられたら跳ね返って戻って来ないといけない、というような「お約束」があるという事なのだろうか。

 

 前半はそんな獅子舞やちょっとしたアクションシーンがありながらも、ストーリー優先の、少しダルい展開。途中で主人公が勘違いされて、警察にとらえられそうになるのだが、その警察の一人に目をひん剥いたすごい顔芸の奴がいて、めちゃくちゃ気になってしまった。

 

 

 敵対する道場の経営者も口をひん曲げているし、昔の香港映画はこういう極端な顔芸の人が多い印象。遠くの観客までよく見えるようにわざと大げさにして見せる舞台の名残なのだろうか。大げさな顔芸のアップを見せられると若干ひいてしまう。

 

 中盤からは、ストーリー的に大事な場面も割愛してセリフで説明し、その分を怒涛のアクションシーンに費やしている。今見るとスピード感がなく、もっさりとしているように見えてしまうが、それでもコミカルさもあって、ジャッキ―らしいアクションに仕上がっている。特に布をスカート的にも闘牛士的にも使う場面は、アイデア満載で面白かった。

 

 ラストは悪役との対決で、かなりの長尺。しかし、その戦いのほとんどが一方的にボコボコにされるだけで、観ていてアドレナリンが出るというよりはただ辛かった。戦いの終盤に攻守交替して、今度は主人公が一方的に攻撃し決着がつく。

 

 この戦いは両者互角の時がなく、手に汗握って見守るという感じではなかった。やられっぱなしだった主人公がなぜ突然強くなったのかも良く分からない。火事場の馬鹿力的なものなのか。少しモヤっとした。

 

 それからこの映画で主人公は修行をするでもなく、最初から強い設定。それなら最初にそれを示すようなシーンがあれば良かったのにと思うのだが、まあでも、ジャッキーだから当然、という事なのだろう。 

  

スタッフ/キャスト

監督/原案/出演 ジャッキー・チェン

 

製作総指揮 レイモンド・チョウ

 

出演 ユン・ピョウ/ウェイ・ペイ/ウォン・インシク/シー・キエン
 

ヤング・マスター/師弟出馬 (字幕版)

ヤング・マスター/師弟出馬 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

ヤングマスター 師弟出馬 - Wikipedia

ヤング・マスター | 映画 | 無料動画GYAO!

 

  

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com