BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サイコ」 1960

サイコ (字幕版)

★★★☆☆

 

監督/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

 サイコ・サスペンスの元祖となった作品。

 

 元祖なだけにその後に作られた数々の作品を見すぎたせいか、ストーリー自体に大きな驚きは無かった。

 

 有名なシャワー・シーン。どう考えても写りそうなものなのに大事なところがちゃんと隠れているのがすごいな、と変なところで感心してしまった。ただ、その他にもそのカット、その撮り方うまいな、と思わせる箇所が随所にある。殺害シーンも犯人の正体が分からないように、それでいて凄惨さが伝わるような撮り方をしている。

 

 関係ないけど一番痛みが伝わる武器ってナイフだな。銃だと見ていても別に痛いと感じないし、弓矢とかもそうでもない。相手との距離感なんだろうか。日本刀が近いかもしれないけどそれもちょっと違う。あの一撃で死ななそうな低い殺傷能力だろうか。一撃では仕留められないために何度もぷすぷすと刺すシーンが、誰でも一度くらいは負ったことのある刃物傷の記憶を刺激するからなのかもしれない。とにかくナイフが一番観ていて痛い。

 

 よく考えたら前半の横領とか関係無いんじゃないの?って思ってしまったが、さらによく考えると確かに悪いことをしないと誰も彼女を探さないな、と。そうすると本事件が表面化することが無かったわけだから、このストーリよく出来てるな、と。

 

 ただ、最後の精神科医が得意気に事件の真相を語るシーンが残念な感じだ。そんな短期間に真実は究明出来ないだろう、と。そんな饒舌に決め付けで話されると、実はお前が犯人じゃないの?と怪しみたくなる。

  

出演 アンソニー・パーキンス / ジャネット・リー

 

サイコ (字幕版)

サイコ (字幕版)

 

サイコ (1960年の映画) - Wikipedia

広告を非表示にする