BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「教団X」 2014

教団X (集英社文庫)

★★★★☆

 

 自殺をほのめかして去った恋人を捜すために、男はある宗教団体を訪ねる。

 

 前半に出てくる教祖の話は、宗教から心理学、宇宙理論まで取り入れられ、小難しくあるがなかなか面白い。全てに納得できるわけではないが、もしかしたらそうなのかもしれない、と思わせるものがある。非科学的なものも、ただ現在の科学では説明できないというだけのことなのかもしれない。こうやって高学歴の人とかも騙されて入信していったのかもしれない。

 

 過去に囚われる人や、自分の人生を肯定できない人にとっては、自分を委ねられる大きな存在というのは心地よいものだ。駄目な自分の意志なんて放棄して、大きな存在の指示に従いそのために働くことは、充実感もあり自己肯定感もあり、自尊心を満足させる。自分を委ねられる大きな存在というのは、宗教に限った話ではなく、様々な組織であったり国家であったりする。今の時代、人々はそれが自分の前に現れることを期待しているのかもしれない。

 

 著者はこの本の中で結構踏み込んだことを登場人物たちに語らせている。ネットなどで無償で善意でせっせと誰かの片棒を担いでいる人たちは、登場人物たちの言葉で、自分たちが利用されていることに気づいたらどういう反応をするのだろう。見なかったこと、気づかなかったことにするだけなのかもしれないが。

 

 誰かに委ねるのではなく、自分の人生は自分の足で歩んでいこうというメッセージ。

 

著者 中村文則

 

教団X (集英社文庫)

教団X (集英社文庫)

 

 

登場する作品

コラール「主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる」BWV639

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

コーラン 上 (岩波文庫 青 813-1)

リグ・ヴェーダ讃歌 (岩波文庫)

嘔吐 新訳

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)

ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第1番

Waltz for Debby

白痴1 (光文社古典新訳文庫)

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)

異邦人 (新潮文庫)

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com