BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「日本のセックス」 2010

日本のセックス (双葉文庫)

★★★★☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 夫と共にマニアな世界に足を踏み込んでいた女がある事件に巻き込まれる。

 

 前半どっぷりとマニアな世界。こういう自分とは一生関係ないような世界は怖いもの見たさで引き込まれる。けど、ほんとどっぷりでどこまで行くんだよと心配になるほどだった。そんな世界に浸る主人公の女性。こんな世界に浸かりながらもどこかに冷静な目を持っている。それがただの欲望にまみれただけの人間とは違うと感じさせるところだ。

 

 そんなマニアな世界から一転裁判のシーンに。あまり人には知られたくないことを世間にさらされながらも彼女は夫への愛を支えに戦う。そして意外な結末を迎え、後日譚かと思っていたら、そこからも長い。知らなかった事実が次々と明かされていく。スカスカ感がなく中身がぎっしりと詰まった読み応えのある本だった。この文庫版の後書きや対談を加えたりしているところをみても作者はとにかく出し惜しみせず色々と詰め込んでいきたいという想いが伝わってくる。

 

 対談の中でも触れられていたけどこのタイトル、なかなか手を出しにくい。なんかもったいない気もする。違うタイトルで騙して手に取らせても後悔はさせないんじゃないかなと思うんだが。でも、このタイトルで出すからかっこいいとも言えるし、難しい。

 

日本のセックス (双葉文庫)

日本のセックス (双葉文庫)

 

 

登場する作品
12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

 

 

 

 

アメリ(廉価版) [DVD]

アメリ(廉価版) [DVD]

 

 

ノー・マンズ・ランド [DVD]

ノー・マンズ・ランド [DVD]

 

 

Last Song (24bit Digital Remastering)

Last Song (24bit Digital Remastering)

 

 

METAL LUNCHBOX

METAL LUNCHBOX

 

  

登場する人物

ビートたけし / GREAT3

広告を非表示にする