BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「危険な関係」 1782

危険な関係 (角川文庫)

★★★★☆

 

あらすじ

  自分を裏切った男に復讐するため、その婚約相手の若い女を手籠めにするよう友人である遊び人の男爵に依頼した侯爵夫人。書簡体小説。

 

感想

 手紙だけで進行する物語。手紙の文章が妙に回りくどく、気を抜くと何を言っているのかよく分からなくなったりするのだが、このあたりはフランスらしさなのか。直接的な物言いは避けるべきという手紙のマナーみたいなものもありそうだ。そしてそんな中で皆がかなり明け透けな内容や心のうちまでもを明かしたりしていて意外にも大胆だ。でも今ならチャットアプリや電話などで同じことをしている人も多いだろうし、自分のことを誰かに話したい、語りたいという欲求は普遍的なものなのだろう。しかし、毎日のようにこんな手紙を何通も書いて過ごしているなんて、当時の貴族は相当暇だったのだなと羨ましくもある。

 

いわば手もなくこちらの物になるような、ひと言のうれしがらせで気もそぞろになるような、おそらくは恋よりも好奇心ですぐに動かされるような、ほんの小娘ではありませんか。

p21

 

 そしてそんな手紙のやり取りの中で繰り広げられているのは、策士の侯爵夫人と人でなしの遊び人の男爵が共謀した悪だくみ。これもまた暇のなせる業といったところだが、無垢な少女や純粋な青年、貞淑な人妻といった何の罪もない善良なる人たちの人生を目茶苦茶にしようとしているわけなのでかなり悪質だ。その対象となってしまった人たちのことを考えると相当気の毒だが、だからといって引いてしまうわけではなく、二人がどんな悪徳ぶりを見せるのか気になって次々とページをめくってしまう。

 

 しかし、二人が言葉巧みに相手をたぶらかす様子を読んでいると、この時代にこれを書いた著者の心理分析力に感心してしまう。どう言ったら相手はどう動くかといった人心掌握の術をよく分かっている。脅しと懐柔を使い分け、一見理路整然とした話で追い詰め、相手の心を操る様子はまるでマインドコントロールを行なっているかのようだ。きっとやられた方は今ならモラハラだパワハラだと言いたくなるかもしれない。

 

 

 手紙形式だけでやっているからこその無理を感じる部分もないわけではなかったが、決して結束は固くない二人が主導権をかけて牽制し合いながら共謀する様子は、緊張感もあって面白かった。ただ最後は手紙という証拠をお互いに持っているのだから、そりゃそうなるよねという、知略に富んだ二人にしてはあっさりとした結末だったが。最終的にちゃんと悪人が裁かれる展開には納得なのだが、心のどこかでそれを少し残念に思ってしまっている自分がいる。

 

著者

ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ

 

危険な関係 - Wikipedia

 

 

登場する作品

新エロイーズ〈第1〉 (1949年)

「長椅子物語」

「エロイーズ(アベラールとエロイーズ―愛と修道の手紙 (岩波文庫 赤 119-1))」

エミール 上 (岩波文庫)

「意地悪男」 グルッセ

ブリタニキュス ベレニス (岩波文庫)

「ナニーヌ」 ヴォルテール

「キリスト教随想録 第2巻」

「クラリス」

「恋の狂乱」 レニャール

「上手の手からも水は洩る」 スデーヌ

「カレー攻囲」 ド・ベロア

「アルキビヤデスの道話」 マルモンテル

 

 

関連する作品

映画化作品 1959年 フランス映画 

危険な関係 [DVD]

危険な関係 [DVD]

  • ジェラール・フィリップ
Amazon

 

映画化作品 1976年 フランス映画

華麗な関係 (字幕版)

華麗な関係 (字幕版)

  • シルヴィア・クリステル
Amazon

 

映画化作品 1978年 日本映画

bookcites.hatenadiary.com

 

映画化作品 1988年 イギリス・フランス映画 

 

映画化作品 1988年 アメリカ映画 

bookcites.hatenadiary.com

 

映画化作品 1999年 アメリカ映画 

 

映画化作品 2003年 韓国

 

映画化作品 2012年 中国・韓国映画 

危険な関係(字幕版)

危険な関係(字幕版)

  • チャン・ツィイー
Amazon

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com