BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「風と共に去りぬ」 1939

風と共に去りぬ (字幕版)

★★★☆☆

 

 アメリカ南部の、豊かな農園の娘が南北戦争に翻弄されながらも激しく、たくましく生きていく。

 

 3時間を越える大長編だが、その時間の長さを感じずに見る事ができる。雄大な大地の様子や、絵画のようなカットが、いかにも大作といった趣。

 

 ヴィヴィアン・リーのなりふり構わぬ生き方が印象的。南北戦争ですべてを失うが、それでも惨めな暮らしをするぐらいならと好きでもない男と結婚したり、世間体を気にせず金儲けに励んだり。いい根性している。

 

 ただ、やっぱり南部のプランテーションのお嬢様の話でしかないかな、と思ってしまう。古きよき南部と言っても。ここに登場する黒人達は正当な扱いを受けていたのかもしれないが、南部の黒人達全てがそうだったわけではないだろうし。いかがわしい仕事をする白人女性への態度も冷たいし。日本で言うと大河ドラマというよりも、昼ドラマのような。主婦層に受けそうな話。

 

 それから、クラーク・ゲーブルと一夜を共にした翌朝、目覚めたビビアン・リーの表情やしぐさ、映像の間がなんとも生々しかった。

 

監督 ヴィクター・フレミング

 

原作

風と共に去りぬ(一) (岩波文庫)
 

 

出演 ヴィヴィアン・リー / クラーク・ゲーブル / オリビアデ・ハビランド / レスリー・ハワード

 

風と共に去りぬ (字幕版)
 

風と共に去りぬ (映画) - Wikipedia

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

広告を非表示にする