BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

洋画

「カトマンズの男」 1965

★★★☆☆ 人生に無常を感じ、自殺未遂を繰り返す金持ちの若者が、友人と婚約者を受取人にして自らに生命保険をかける。 邦題のわりにはカトマンズのシーンは15分ほどであまりなく、香港を主な舞台にしている。おそらく異国情緒のある映像を見せたかったのだろう…

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」 2015

★★★☆☆ 裏で美術商を営む英国貴族の男が、破産回避のために盗難された絵画の捜索依頼を引き受ける。 ジョニー・デップがちょっと変な貴族を演じ、ゆるいギャグが散りばめられた映画。ジョニー・デップはこういう奇妙な人を演じるのが好きだが、物語に少し現実…

「第九軍団のワシ」 2011

★★★☆☆ 父親が率いるローマの軍隊の象徴である黄金のワシ像が本人と共に消息を絶ち、不名誉のそしりを受ける一家。息子は一家の汚名返上のために黄金のワシ像の行方を追う。 尊敬していた父親が受ける汚名。しかし勝手にモノを神聖化して、それを守ったり奪っ…

「サンシャイン・クリーニング」 2009

★★★☆☆ 幼い息子と暮らす母親が、妹とともに事件現場の清掃業を始める。 シングルマザーで掃除婦として働き、妻子持ちの男と付き合う姉と、仕事が長続きしない妹。何やら怪しげな商品を売り歩く父親。皆パッとしない人生を送るが、それでも親子、姉妹が仲良く…

「アポカリプト」 2006

★★★★☆ 集落が襲われ、妻子を匿うことは出来たが、自らは捕まり、連行されることになった男。 中南米の森で狩猟生活を行う部族。森の中を走り回り獲物を捕まえ、皆と分け合う。集落に戻り、家族や仲間と焚き火を囲んで老人が語る物語を聞いたり、皆で踊って憩…

「恋人はセックス依存症」 2013

★★★★☆ 自助グループの集まりにも参加しているセックス依存症の男が、一人の女性と出会う。 日本語タイトルとこのヴィジュアルイメージは、内容を誤解させて客を集めるスタイル。グウィネス・パルトローが依存症で、ちょっとサイコパス風な映画だと勘違いして…

「リンカーン弁護士」 2011

★★★☆☆ 依頼人がかつて担当した事件の犯人だと気付いた弁護士。 嘘の芝居や経費で依頼人から金をむしり取るマシュー・マコノヒー演じる弁護士。金が全てのやり手の弁護士かと思いきや、別れた妻と良好な関係を保ち、離れて暮らす娘のサッカーの試合に応援に駆…

「ローン・サバイバー」 2014

★★★★★ タリバン幹部の捕獲・殺害作戦のために山岳地帯に降り立った4人の偵察部隊が、敵に気づかれ取り囲まれる。事実を基にした物語。 一晩歩き続けて目的地に到着して隊員がしばし休息をとっていた時に、突然ヤギを連れた現地人に遭遇してしまう。一旦は取…

「ドライブ・アングリー」 2011

★★★☆☆ カルト教団に娘夫婦を殺され、生贄として孫を拉致された男が、教団を追う。 冒頭の燃え上がる炎をバックに、主人公がゆっくりとこちらに歩いてくるよくあるシーンを眺めながら、この構図を最初にやったのは誰なんだろうとふと思った。 カルト教団を追…

「リオの男」 1964

★★★☆☆ 軍の休暇でパリに戻った男は、誘拐された恋人を追ってブラジルにたどり着く。 ジャン=ポール・ベルモンドの高所の綱渡りやスカイダイビングといったアクション俳優っぷりに驚かされた。さらに走って車を追いかけ、泳いで船を追うという原始的なアクシ…

「ジャケット」 2005

★★★☆☆ 湾岸戦争で頭部に重傷を負って記憶障害になった男が、帰国後に事件に巻き込まれ精神病院へ送り込まれてしまう。 エイドリアン・ブロディ演じる記憶障害の男は、精神病院での矯正治療の際に未来へとタイムスリップしていることに気づいて、そこから物語…

「メリンダとメリンダ」 2004

★★★☆☆ ディナーの席である男が語った物語を同席した喜劇作家と悲劇作家が、それぞれ脚色してみせる。 黒澤明の「羅生門」のように語り手によって微妙に違う物語になるのかと思っていたが、微妙ではなくかなり違った物語になっていた。夫婦の前に現れる一人の…

「ホステージ」 2005

★★★☆☆ 担当していた事件で犠牲者を出したことに責任を感じて田舎の警察署長に異動していた元交渉人が、新たな事件に巻き込まれる。 片田舎の山奥にある大豪邸が若者に襲われるのだが、この時点で色々疑問が沸き起こってくる。なんでそんな人里離れた場所に住…

「裏切りのサーカス」 2011

★★★★☆ 冷戦下のイギリスの秘密情報部、通称サーカスで長官の右腕を務める男は作戦失敗の連帯責任で辞任させられるが、その後、監視役から組織内の裏切り者を探すよう要請される。 派手な展開はないが緊迫感が保たれた重厚な展開。説明的なセリフはほぼ無く、…

「狼の挽歌」 1970

★★★★☆ 恋人とバカンスを過ごしていた殺し屋が襲撃されるが、返り討ちにする。 冒頭のいきなり始まるカーチェイスは迫力がある。狭い車道を車が疾走する。この時代の車高の低い薄っぺらい車はカーチェイスの時によく映える。見た目以上にスピードが出ているよ…

「グリーン・ランタン」 2011

★★☆☆☆ 宇宙の中で地球を含む地区の防衛を担当していた宇宙人が瀕死の重傷を負って地球にたどり着き、後任を地球人に託す。 最近ではアメコミ原作の映画も面白いものが多くなってきたが、これは往年の面白くない方のアメコミ映画。そもそも主人公が格好悪い。…

「マジック・イン・ムーンライト」 2014

★★★★☆ 世界的に活躍するマジシャンの男が、古い友人から知り合いの富豪をたぶらかしている霊能者のトリックを暴いて欲しいと頼まれる。 主人公のマジシャンは皮肉屋で文句ばかり言っている厄介な人物。出会う人に嫌味を言っては疎まれていく。当然、霊能者を…

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 2014

★★★★☆ 第2次世界大戦勃発直後のイギリスで、ナチスの暗号機エニグマの解読チームに加わることになった数学者。実話を基にした物語。 極秘任務の暗号解読チームに加わったベネディクト・カンバーバッチ演じる天才数学者アラン・チューリング。独りよがりで一…

「シューテム・アップ」 2007

★★★☆☆ 悪党に追われる妊婦を助けようとした男。 一見、フランス語っぽいタイトルだが、英語表記すると「Shoot 'Em Up」で完全なる英語タイトルだった。その名の通り、ほぼ銃での撃ち合いばかりの映画。 きっと監督はガン・アクションが大好きで、あんな使い…

「エンド・オブ・ウォッチ」 2012

★★★★☆ LAの犯罪多発地域を担当する警官コンビの日常をドキュメンタリータッチで描く。 「密着!警視庁24時!」的な雰囲気の映像。なぜか警察も犯罪者も皆がカメラを持っていて、それぞれの行動を自ら撮影している。リアルな感じはあるが、若干慌ただしく落ち…

「ONCE ダブリンの街角で」 2007

★★★★☆ 路上で歌っていたストリートミュージシャンの男が、一人の女に話しかけられる。 まるでミュージカルのように、主人公たちの唄う歌が過去の出来事や今の気持ちを説明しているのが面白い。音楽に溢れた映画で使用される楽曲がどれもいい曲ばかり。 www.y…

「仁義」 1970

★★★☆☆ 刑務所を出所した男は、逃亡犯と偶然知り合い、看守に持ちかけられた情報を元に宝石店を襲う計画を立てる。 ほとんど説明的なセリフはなく、青白い映像の中、男たちは笑顔を見せること無く、淡々と物語は進んでいく。 正直、アラン・ドロン以外の登場…

「セッション」 2014

★★★★☆ 音楽学校に通う偉大なジャズドラーマーを目指す青年が、名高い指揮者のバンドに加わることになる。 威圧的な態度をとるJ・K・シモンズの存在感が圧倒的。この風貌でこの態度を取られたら、ただもう従うしかない。そしてただの変人かと思いきや、幼い少…

「セルラー」 2004

★★★★☆ 何者かに突然誘拐された女が、壊れた電話機の回線を直してなんとか繋がった見知らぬ若者に助けを求める。 冒頭に何の前触れもなく、突然事件が起こる。普通に驚いてしまった。そしてわけもよくわからないまま事件が進む。この辺りはまるで主人公と同じ…

「ダラス・バイヤーズクラブ」 2013

★★★★☆ アメリカ南部の保守的な土地で暮らす男が、エイズで余命30日と診断される。実話を基にした物語。 とりあえずガリガリで登場したマシュー・マコノヒーにゾッとしてしまう。この時点ではまだエイズとは判明していないわけだが、もう見るからにヤバい。た…

「ブルーバレンタイン」 2010

★★★★☆ 心がすれ違う夫婦の2日間。 二人の間にどこか冷ややかな空気が流れる夫婦。どちらも互いにやり切れない思いを抱えている。この二人を不幸にしているのが互いの思いやりだというのが切ない。女は後ろめたさもあって決して男に強く当たろうとはしないし…

「イル・ポスティーノ」 1994

★★★★☆ チリからイタリアの小島に亡命してきた世界的な詩人と、彼に郵便を運ぶ青年との交流。 主人公の青年が、いかにも片田舎の素朴な青年といった立ち居振る舞い。遠慮がちに、相手の様子を窺いながらためらいがちに、詩人に対して好奇心を示していく。 詩…

「アンナ・カレーニナ」 2012

★★★☆☆ 兄夫婦に会うためににモスクワにやって来た政府高官の夫人が、青年将校と出会い恋に落ちる。 物語自体はありがちなメロドラマだが、見事なセットや衣装、主演のキーラ・ナイトレイの美しさで、映像に引き込まれていく。 夫がいるにも関わらず別の男に…

「お気にめすまま」 1992

★★★☆☆ 何者かに部屋を荒らされ不安になった独り身の女は、貸し番犬を手配することにする。 貸し番犬屋を営むジャック・ニコルソン演じる男。彼のキャラクターがいまいちはっきりしないので、金持ちの女を落として何かを企んでいるのか、純粋に恋に落ちただけ…

「パワー・ゲーム」 2013

★★★☆☆ 金の使い込みがバレて、ライバル会社に産業スパイとして送り込まれることになった男。 貧しい地域で育ち、上昇志向の強い男。スパイにさせられてしまうが、正直、普通にスパイが務まるということは、普通に仕事ができるってことなので、やけになって使…