BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

映画

「希望のかなた」 2017

★★★★☆ あらすじ シリアからフィンランドにやって来た難民の男は、ふとしたきっかけで出会ったレストランの人間たちに助けられる。フィンランド映画。 感想 冒頭からしばらくセリフのない時間帯が続く。だがそれでも映画の前提となる知識は得られ、世界観も伝…

「半世界」 2019

★★★★☆ あらすじ 地元で親の仕事を継いで炭焼き職人をする男は、ある日中学時代の同級生が戻ってきた事を知る。 感想 ずっと地元にいた主人公と世界を見てきた男が再会して始まる物語。世界の荒波にもまれてきた男にとっては、主人公が広い世界を知らず、ぬる…

「スパイ・ゲーム」 2001

★★★★☆ あらすじ 元部下が中国で拘束されるも見殺しにされることを知り、何とか助けようとするベテランCIAエージェント。126分。 感想 政治的判断で見殺しにされそうになる元部下を助けようとする主人公。スパイらしく世界中を飛び回るのではなく、CIAの建物…

「出来ごころ」 1933

★★★★☆ あらすじ 長屋に息子と暮らす中年の男は、ふとした出来心で住む所がなくなり困っていた若い女の世話をしてやる。「喜八もの」第1作。キネマ旬報ベスト・ワン作品。モノクロ・サイレント映画。 感想 子持ちの中年男が若い女に恋心を抱く物語。貧乏長屋…

「スモール・ソルジャーズ」 1998

★★★☆☆ あらすじ 高性能な兵士とモンスターのおもちゃ同士の戦いに巻き込まれてしまった少年。 感想 兵士やモンスターのフィギュアたちが動き回る様子は、単純に見ていて楽しい。映像も違和感がなく良く出来ている。戦争映画あるあるやパロディも面白かった。…

「さよならくちびる」 2019

★★★★☆ あらすじ 解散を決めて最後のツアーに出た女性デュオとローディ兼マネージャーの男。 感想 解散を決めたインディーズで活躍する女性デュオとローディー兼マネージャーの男の三人。彼らのツアーの様子に過去の回想を交えつつ物語は進む。回想部分では、…

「20 センチュリー・ウーマン」 2016

★★★★☆ あらすじ 父親のいない息子のために、身近な若い女性二人にサポートを依頼した母親。 感想 40歳の時に産んだ息子を女手一つで育ててきた母親。世の中が目まぐるしく変化した20世紀の初頭に生まれた彼女にとって、40も年の離れた子供のことがよく理解で…

「黒い十人の女」 1961

★★★★☆ あらすじ 9人の不倫相手と本妻が、その相手であるテレビ局プロデューサーの男を殺す相談をする。 感想 冒頭の、8人の女がひとりの女を尾行するシーンからして異様な雰囲気を醸し出しており、グッと惹きつけられる。一癖ありそうな女たちが集団で蠢い…

「マンハント」 2017

★★★☆☆ あらすじ 日本で何者かによって殺人犯に仕立てられてしまった中国人弁護士は逃亡を図る。中国映画。1976年の日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイク作品。 感想 演歌が流れ、日本の古い町並みが映し出されるコテコテの純和風シーンからいきなり物語…

「ひとよ」 2019

★★★★☆ あらすじ 虐待を繰り返す夫を殺して服役し、15年ぶりに戻ってきた女と、それを迎える子供たち。 感想 冒頭、母親役の田中裕子がいきなり放心状態で現れるのはインパクトがあった。彼女のタクシー運転手姿や若作りした顔、その前のベタとも思えるくらい…

「アンダーカバー・ブラザー」 2002

★★★☆☆ あらすじ 黒人組織と協力し、白人至上主義の悪の組織と戦うスパイエージェントの男。 感想 コメディ映画とはいえ、結構カジュアルに人種間の対立を描くのだなと軽く驚いた。ただ黒人組織が差別解消のために白人を雇ったり、そこで逆差別の少し気まずい…

「全身小説家」 1994

★★★★☆ あらすじ 小説家・井上光晴の最期の5年間を追ったドキュメンタリー映画。キネマ旬報ベスト・ワン作品。157分。 自由をわれらに 作者:光晴, 井上 講談社 Amazon 感想 この映画で取り上げられている井上光晴という人のことについては、本も読んだことが…

「ボーン・コレクター」 1999

★★★★☆ あらすじ 事故により半身不随となった科学捜査官が、女性警官とコンビを組んで連続殺人事件の犯人を追う。 感想 自宅で寝たきりの科学捜査官が、女性警官が行う現場検証をもとに事件の真相に迫っていく。いわゆる安楽椅子探偵もので、主人公が頭脳を、…

「嵐電」 2019

★★★☆☆ あらすじ 京都の路面電車「嵐電(らんでん)」を舞台に展開される三組の男女の物語。 嵐電ぶらり各駅めぐり (らくたび文庫 No. 9) コトコト Amazon 感想 三組の男女のそれぞれの恋愛模様が時に交錯しながら描かれていく。ただファンタジー要素が多いの…

「チャイルド44 森に消えた子供たち」 2015

★★★☆☆ あらすじ 戦争の英雄としてソ連の国家保安省(MGB)のエリート将校だった男は、ある事件がきっかけで左遷されてしまい、以前から気になっていた幼児連続殺人事件を本格的に調べ始める。137分。 感想 冒頭でいきなりソ連とウクライナの暗い歴史に言及す…

「顔」 1957

★★★☆☆ あらすじ 追いすがる腐れ縁の男を殺して東京に向かった女は、モデルとして成功を手に入れるがやがて事件の目撃者の存在に怯えるようになる。 感想 岡田茉莉子演じる主人公が、電車から男を突き落としたことから物語は始まる。詳しい状況はまだ明かされ…

「喝采の陰で」 1982

★★☆☆☆ あらすじ 自身の子供と妻の連れ子の5人の子供を抱える劇作家の男。ある日、妻が不倫をして出て行ってしまい、仕事と子供の面倒で途方に暮れてしまう。原題は「Author! Author!」。 感想 序盤は登場人物たちが何か変な会話ばかりしているなとぼんやり思…

「ゆきゆきて、神軍」 1987

★★★★☆ あらすじ 昭和天皇パチンコ狙撃事件などを起こしたアナーキストの奥崎謙三は、戦時に属していた部隊で上官が部下を射殺する事件があった事を知り、遺族とともにその真相を探る。ドキュメンタリー映画。 感想 アナーキスト・奥崎謙三の姿を追うドキュメ…

「2番目のキス」 2005

★★★★☆ あらすじ ボストンで学校教師をする男は、ある女性と付き合い始めるが、自身が熱狂的なボストン・レッドソックスのファンであることが原因でその関係に亀裂が生じてしまう。 97年のイギリス映画「ぼくのプレミアライフ フィーバーピッチ」の題材をサッ…

「いつかギラギラする日」 1992

★★★★☆ あらすじ 現金輸送車の襲撃に成功するも、奪った現金が想定よりも少なかったため、仲間割れを起こしてしまったギャングたち。 感想 ベテランのギャングたちに若い男が加わったことで仲間割れが起き、そこにヤクザも加わって奪った現金をめぐる激しい抗…

「ブレードランナー 2049」 2017

★★★★☆ あらすじ 製造禁止となったレプリカント(人造人間)を探し出して抹殺する任務をこなす新型レプリカントの男は、新たにレプリカントの産んだ子供を探し出すよう命じられる。163分。 感想 ロボットがロボットを探し出して破壊する世界。おそらく今でも…

「海と毒薬」 1986

★★★☆☆ あらすじ 太平洋戦争末期、軍への協力として米兵捕虜に人体実験をすることになった医学生ら。キネマ旬報ベスト・ワン作品。 感想 序盤は、若き医学生である主人公が、医学の進歩のためというお題目で患者の命を軽く扱う風潮に苦悩する様子が描かれる。…

「ふたり」 1991

★★★☆☆ あらすじ 事故で亡くなった姉に見守られる妹。新尾道三部作。155分。 感想 主人公の姉が事故で亡くなるシーンはなかなか強烈だった。じわじわとトラックが迫って来て、やがては圧死することが分かっているのどうすることも出来ない状態。一番嫌な死に…

「大地の子守歌」 1976

★★★★☆ あらすじ 山育ちの少女は、育ての老婆の死後、騙されて島の売春宿に売り飛ばされてしまう。 感想 主人公の少女は、登場からして強烈だった。獲物のうさぎを手に持ち、すごい勢いで野山を駆け下りてくる。言葉も荒く、なかなかの野生児感だった。とはい…

「バーン・アフター・リーディング」 2008

★★★★☆ あらすじ スポーツジムに落ちていたCD-ROMにCIAの極秘情報が入っていた事から巻き起こる騒動。 感想 豪華キャストで織りなすコメディ。中でもブラッド・ピット演じるジムのインストラクターのいかにも頭の悪そうな感じが良かった。彼の軽薄な行動が事…

「われに撃つ用意あり」 1990

★★★☆☆ あらすじ 長年営業してきたバーを閉める最終日、パーティーの準備をしていたマスターの男は、逃げ込んで来た外国人女性を匿う。 感想 警察とヤクザに追われる外国人女性をひょんなことから匿うことになった主人公。同時に事件を追う刑事の様子も描かれ…

「バッドボーイズ」 1995

★★★☆☆ あらすじ 押収していた大量のヘロインが盗まれ、事態が明るみになる前に回収を命じられた刑事コンビ。 感想 マーティン・ローレンスとウィル・スミスによるアクションコメディ。この二人だから終始陽気なシーンの連続かと思いきや、意外と前半はしっと…

「八月の狂詩曲」 1991

★★★☆☆ あらすじ ハワイにいる臨終間近の自分の兄だという男に子供たちが代わりに会いに行っている間、長崎で孫たちを預かることになった老女。タイトルの読みは「八月の狂詩曲(ラプソディー)」。 感想 ひと夏の間、孫たちと暮らすことになった老女。子ども…

「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」 1986

★★★☆☆ あらすじ 日常生活で問題ばかり起こしていたアメリカ海兵隊の歴戦の英雄が、久しぶりに現場に復帰する。 感想 クリント・イーストウッド演じる主人公は、戦争になると生き生きとするが、平時だと駄目になってしまう定年間近の軍人。平和な世の中だと実…

「死の棘」 1990

★★★☆☆ あらすじ 自身の浮気をきっかけに心を病んでしまった妻の面倒を見る夫。 感想 浮気をされた妻が延々と主人公である夫をなじり続ける映画だ。誰の立場で見るかによるが、なんだかずっと針のむしろに座っているようで、居たたまれない気持ちになってしま…