BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

洋画

「ドラゴン・キングダム」 2008

★★★☆☆ カンフー映画好きの高校生が、不良たちに追いかけられビルの屋上から落下し、気付くと古代中国のような世界にいた。 冒頭の駄目な日本のCG映画みたいな映像に不安になったが、最初だけで以降はそんなことなく普通に観れた。ジャッキー・チェンとジェッ…

「シェルブールの雨傘」 1964

★★★☆☆ 兵役に行くことになった若い男は、恋人と兵役後の再会を約束して出発する。 普通に喋って時おり歌うのではなく、全てのセリフが歌になったミュージカル映画。無理矢理感のあるところもあったが、なかなか珍しい。映像もカラフルでおしゃれな雰囲気が漂…

「パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会」 2010

★★☆☆☆ 銀行強盗をして逃走する男が、パーティーを主催しようとしていた男をだまして家に上がり込む。 なかなか面白いストーリー。最初は銀行強盗が他人の家に上がり込んだはいいが、人の良い家主のペースに巻き込まれて、無理やりパーティーに参加させられる…

「ミケランジェロの暗号」 2011

★★★★☆ ミケランジェロの名画をナチスに譲渡するよう迫られた画商は、贋作を渡すことにする。 ナチス・ドイツとユダヤ人という重くなりそうな設定のなかで繰り広げられるサスペンス。笑えるシーンも多いのだが、彼らにとっては生死がかかっているので笑って良…

「恋のクリスマス大作戦」 2004

★★★☆☆ どうしてもクリスマス休暇を一人で過ごしたくない男は、かつて家族とともに過ごした家を訪れ、現在その家に住む家族と休暇を過ごすことにする。 あまり笑いが多くないコメディ映画。主人公に家族のふりをするよう頼まれ拒絶していた一家の父親が、大金…

「復讐捜査線」 2010

★★★☆☆ 娘が何者かに射殺され、刑事である父親は犯人を追う。 久しぶりに帰省した娘が父親と一緒にいた時に殺されたのだから、どう考えても警官の父親を殺害しようとしたが誤って娘を殺してしまったと考えるのが自然。警官なんだから常に正しいことをしていた…

「ドメスティック・フィアー」 2001

★★★☆☆ 離婚により母親と暮らす息子に、母親の再婚相手の殺人現場を目撃したと告げられた父親。 殺人犯と共に暮らさなければならないっていうのは、なかなかの絶望感。ただ殺人犯にとっても、事件の目撃者と一緒に暮らすのはつらいところがある。主導権は大人…

「GODZILLA ゴジラ」 2014

★★★☆☆ 謎の2体の巨大生物ムートーとゴジラが激突する。 ゴジラがなかなかその全容を見せなかったり、ほとんど暗がりの中での登場で、もったいぶっている感じが、得体のしれなさを強調していて良かった。若干体格のゴツさは気になったが、ゴジラの造形も恐竜…

「サブリナ」 1995

★★★☆☆ 婚約中の弟がお抱え運転手の娘と恋に落ちてしまい、二人を引き離そうとする兄。 ハリソン・フォード演じる男は、仕事だけのつまらない男ということでいいのだろうか。ビジネスのためなら手段を選ばないという冷酷な男という側面も描いているような気が…

「ランナーランナー」 2013

★★★☆☆ オンラインカジノで大損した大学生が、サイトの不正に気づき、コスタリカにいる運営主に直接クレームを言いに行く。 オンラインカジノは普通にやっていても儲かりそうなので、不正なんかしなくても良さそうなものだけど、競争が激しいから色々と手を染…

「ラブ&マネー」 2012

★★★☆☆ 失業し金欠の女が、保釈保証業者の賞金稼ぎとなって、元恋人で殺人容疑の警察官を追う。 コミカルにいきたいのか、シリアスにいきたいのか、中途半端な映画。どちらかに振り切れていたほうが分かりやすかった。それから、メインの主人公と元恋人との関…

「バッド・チューニング」 1993

★★★☆☆ 70年代アメリカの、片田舎で暮らす若者の夏休み初日の一夜。 物語が無いようで有るような、小さな物語が断片的に現れるような内容。儀式となっている新入生いびりや、羽目を外すためのパーティが行われ、アルコールやドラッグ、恋愛や喧嘩など、様々な…

「デッドマン・ダウン」 2013

★★★☆☆ 裏社会の組織で働く男が、自宅マンションの向かいに住む女と知り合う。 復讐を企む主人公の男。目的を果たす事だけに意識を集中して日々を過ごす。ひたすら暗い陰鬱な展開。そして、徴兵を経験しただけなのに異常に高いパフォーマンスの仕事っぷり。 …

「プリズナーズ」 2013

★★★★☆ 感謝祭の日を田舎町の2家族が共に過ごしていたが、目を離した隙に幼い娘たちが行方不明になってしまう。 子供達の行方を追う刑事役のジェイク・ギレンホールがいい。大抵こういうのって同僚がいて会話して心情を明かしながら物語が進むが、今回は同僚…

「ワールド・オブ・ライズ」 2008

★★★☆☆ 現地でテロ組織のリーダーを追うCIA工作員と、アメリカから彼に指示を与える上司。 いつ自分に死が訪れるかもしれない状況のなかで、義理・人情を重んじようとする現地工作員と、子供の世話をしながら冷酷に危険な任務を指示するその上司の対比が鮮烈。…

「エンド・オブ・デイズ」 1999

★★★☆☆ 株屋を護衛中に襲撃してきた男が残した、不可解な謎を追うガードマン。 ただのガードマンのシュワルツェネッガーが、ちゃんと仕事をしてクライアントを守ったのに、その後、その襲撃した男について調査しだすのが余計なお世話感がある。しかも自殺を考…

「誰よりも狙われた男」 2014

★★★☆☆ ドイツの諜報機関チームが、密入国してきたロシア・チェチェン人の男をマークする。 テロ組織というのは末端の人間を捕まえても解決にならなくて、どれだけ中心人物に近づけるかが重要。そのためには末端の人間から辿っていく必要があり、時間をかける…

「エリジウム」 2013

★★★☆☆ 汚染された地球を見捨てスペースコロニーに移り住んだ金持ちたちと、彼らに憧れる地球に残された貧しい人びと。 金持ちの世界と貧しき人々の世界。そしてこの2つの世界を行ったり来たりして商売をする人間もいる。決して隔絶されているわけではないが…

「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」 2011

★★★☆☆ 大統領予備選に立候補した知事の選挙スタッフの男が、知事のスキャンダル情報を入手する。 政治の世界で権力を手に入れるには色々な人の協力が必要で、時には不本意な相手とも手を結ばなくてはいけないこともある。清濁併せ呑む覚悟が必要。ってことは…

「ターミネーター4」 2009

★★★☆☆ 機械と人類とが全面戦争する世界。機械に捕らえられた人びとを救うために一人の男が敵の本拠地に乗り込む。 前作までが核攻撃前の世界を描いていたのに対して、今作は核攻撃後の世界を描いている。機械、コンピューターとの戦いって、AIがよく話題にな…

「チェ 39歳 別れの手紙」 2009

★★★☆☆ ポリビアでのチェ・ゲバラ。 キューバでの革命を成功させたにも関わらずそれで満足せず、他国での革命にも参加するチェ・ゲバラ。普通は権力を握って結局、独裁政権になるのが常なのに、そんなものを投げうって、また一兵士として戦場に向かうところに…

「チェ 28歳の革命」 2008

★★★☆☆ キューバ革命までのチェ・ゲバラの行動。 物語仕立てというよりもドキュメンタリー風に物語は展開される。なので正直誰とどこで戦っているのかの詳細に関する情報は断片的でよく分からない。 ただゲリラ戦で山の中を歩き回り、武器にも事欠く状況から…

「テイラー・オブ・パナマ」 2001

★★☆☆☆ 不祥事でパナマに左遷されたスパイが、情報源として仕立て屋に目を付ける。 コメディにしたいのか、シリアスな路線にしたいのか曖昧で中途半端。そしてこの2時間弱のあいだ、イマイチ何を見せられているのか分からなかった、っていうのが率直な感想。…

「プリデスティネーション」 2014

★★★★☆ 連続爆弾魔を追って大やけどを負った時空警察官が、最期の任務につく。 最初にちょっとした出来事があって、さぁここから物語が進展していくぞ、と思わせておいての、長いバーのシーン。1人が延々過去を語り、あれこれ何の話だったっけ?と戸惑う。そ…

「アンタッチャブル」 1987

★★★★☆ 禁酒法下のシカゴで権勢を誇ったギャングのボス、アル・カポネを逮捕しようと、チームが結成される。 メンバーそれぞれに見せ場があるのがいい。特に一見現場には向いてなさそうな経理の男が、ノリノリで暴れるのは良かった。それだけにメンバーが報復…

「レッド・ライト」 2012

★★☆☆☆ 怪奇現象や超能力の嘘を見破ってきた学者の前に、かつて一世風靡した超能力者が現れる。 無邪気に超能力を信じる科学者もどうかと思うけど、頑なに否定する学者もどうかと思ってしまう。超能力があるかどうかを調べるんじゃなくて、嘘という前提で調査…

「マッド・ファット・ワイフ」 2007

★★☆☆☆ 孤児院で育った男が、気の強い太った女と結婚する。 エディー・マーフィーって特殊メーク好きなのか。おかげで特殊メークの技術がすごいということだけはよく分かる。もうちょっと前だと、ここからが特殊メークって分かる質感のメークだけど、これは全…

「シモーヌ」 2002

★★★☆☆ 主演女優に降板され、代役も立てられない映画監督が、CGで作った女優を使って映画を完成させる。 たった一作で爆発的な人気になる女優ってリアリティーがない。しかもそれがCGなんてなおさら。まぁこのあたりは基本コメディーの映画で言ってもしょうが…

「たった一人のあなたのために」 2009

★★★★☆ 夫の浮気現場を目撃した妻が、子供二人を連れて家を出て、全米を転々とする。 自分の子供が通っている学校さえ分からず、金を持った男と結婚することでやり直そうとするような母親。相当嫌な女だが、常に前向きで気丈でもあり、どこか憎めない。そんな…

「バイオハザードII アポカリプス」 2004

★★★☆☆ ウィルスが蔓延し、ゾンビ化する人々の中に取り残された者たちが脱出を図る。 とりあえずミラ・ジョヴォヴィッチが美人でセクシーなので観ていられる。それにしても登場する女性キャラが薄着すぎ。まぁアリなんだけど。 クライマックスで実験のために…