BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「北京的西瓜」 1989

★★★★☆ あらすじ 千葉県船橋市で八百屋を営む男は、ふとしたきっかけから近所の寮に住む中国人留学生らと交流を持つようになる。 感想 商店街にある八百屋が舞台。街の喧噪の中で登場人物たちが好き勝手に喋る姿がリアルだった。ほとんどセリフが聞き取れず、…

「この国の空」 2015

★★★★☆ あらすじ 戦時下の東京郊外で母親と暮らす若い女は、妻が疎開し単身で生活する隣家の男の世話をするようになる。 感想 太平洋戦争末期の戦時下の人々の暮らしと、二階堂ふみ演じる若い主人公の満たされない女心が描かれていく。登場人物たちが空襲や泥…

「海炭市叙景」 2010

★★★☆☆ あらすじ 北海道のとある町で暮らす人々の姿。佐藤泰志の小説を原作とする函館3部作の最初の作品。152分。 感想 主人公が変わりつつ、いくつかの物語がオムニバス作品のように順番に描かれていく。それぞれわかりやすい起承転結があるわけでなく、年…

「火口のふたり」 2019

★★★★☆ あらすじ かつて付き合っていたいとこの女の結婚式に出席するために地元に帰って来た男は、再び女と密会するようになる。キネマ旬報ベスト・ワン作品。 感想 濡れ場が多いというよりもほとんどが濡れ場のような映画。最初は隠す気がさらさらなく、平気…

「十三人の刺客」 1963

★★★★☆ あらすじ 悪行を重ねるも将軍の弟であるために公式に罰することが出来ない明石藩主を暗殺するよう、老中に依頼された旗本の男。 感想 悪逆非道をくり返す明石藩主を参勤交代中の宿場町で暗殺しようとする物語。将軍の弟だから処罰しにくいというのは分…

「さびしんぼう」 1985

★★★★☆ あらすじ ある少女に片思いする男子高生の前に、おかしな格好をした少女が現れる。尾道3部作完結編。 感想 なかなか進展しない主人公の片思いの裏で、母親のかつての恋物語が明かされていく。主人公の前に現れた神出鬼没の謎の少女は、実は17歳の時の…

「ヘヴンズ ストーリー」 2010

★★★☆☆ あらすじ 自分以外の家族が全員殺されてしまうも犯人が自殺してしまった少女は、偶然テレビで見かけた犯人を必ず殺すと宣言していたある事件被害者の男性に自身の思いを託すようになる。278分。 感想 序盤は事件被害者たちの様子が描かれていく。事件…

「体操しようよ」 2018

★★★☆☆ あらすじ 定年を迎え無為な日々を過ごしていた男は、ある女性目当てに毎朝のラジオ体操に参加するようになる。 感想 妻に先立たれ、定年を機に一人娘にも愛想をつかされてしまって途方に暮れていた男が、ラジオ体操をきっかけに前向きに生きるようにな…

「教誨師」 2018

★★★★☆ あらすじ 死刑囚たちと彼らの心の平安や改心を促すための教誨師の男との面会の様子。タイトルの読みは「きょうかいし」。 感想 主人公である教誨師と複数の死刑囚との1対1の会話の様子が延々と映し出される。こんなシチュエーションがずっと続くと息苦…

「22年目の告白-私が殺人犯です-」 2017

★★★☆☆ あらすじ 世間を騒然とさせるも時効が成立してしまった連続殺人事件。月日が流れたある日、その犯人を名乗る男が派手に登場し、被害者たちはやり場のない怒りを覚える。韓国映画「殺人の告白」のリメイク作品。 感想 藤原竜也演じる男が未解決事件の真…

「卍 まんじ」 1983

★★★☆☆ あらすじ ふとしたきっかけである女性と関係を持つようになった若い女は、夫と住むその女の家に転がり込み、三人の奇妙な共同生活を送るようになる。 感想 主人公に万引きするところを見られた高瀬春奈演じる女が必死に口止めをする冒頭のシーンがすご…

「生きてるだけで、愛。」 2018

★★☆☆☆ あらすじ 同棲相手の部屋で心を病んで引きこもっていた女は、ひょんなことから無理やりアルバイトをすることにされてしまう。 感想 躁鬱をくり返し、過眠でいつも眠く、同棲相手にもつい突っかかってしまう女が主人公。主人公自身もそんな自分に嫌気が…

「ギャングース」 2018

★★★☆☆ あらすじ 恵まれない環境で育ち、少年院で知り合った三人の若者が、犯罪者を狙った窃盗を繰り返す。 感想 表社会でまともに生きることが出来ない境遇に育った若者たちが、生きるために必死にもがく物語。一般人相手ではなく社会悪から奪うところが彼ら…

「素敵なダイナマイトスキャンダル」 2018

★★★★☆ あらすじ 世間を騒がした雑誌「ウイークエンド・スーパー」「写真時代」等の編集長として活躍した末井昭の人生を題材にした物語。 末井昭 - Wikipedia 感想 冒頭で、映画のタイトルにもなっている母親のダイナマイト心中後の現場の様子が映し出される…

「嘘八百」 2018

★★★★☆ あらすじ 骨董品をめぐって騙し騙された二人がコンビを組み、大掛かりな詐欺を仕掛ける。 感想 序盤の骨董品買取に飛び込みでやって来た中井貴一演じる古美術商の男を、胡散臭い目で品定めする佐々木蔵之介の細かい演技が上手くて面白かった。警戒心を…

「波の塔」 1960

★★★★☆ あらすじ 司法修習生で検事を目指す若い男は、たまたま知り合ったミステリアスな女と恋に落ちる。 感想 理想に燃える若い検事と満たされない女の不倫の物語。二人の描写が今見るとベタなメロドラマ風で、思わず笑ってしまうようなシーンもある。そんな…

「捨て身のならず者」 1970

★★★☆☆ あらすじ 圧力に屈せず暴力団の闇を追う雑誌記者は、ハメられて殺人事件の容疑者となってしまう。 感想 主演の高倉健が雑誌記者を演じてヤクザと対峙する物語。主人公は暴力組織の闇を追ううちに、暴力団のみならず警察などの各方面から圧力をかけられ…

「海よりもまだ深く」 2016

★★★★☆ あらすじ 別れた妻に未練を残し、金目のものを求めて母親の元へ足しげく通う売れない中年の作家。 感想 主人公は、金が入ってもすぐにギャンブルで使い果たして後輩や姉に借金する生活を送り、未練のある別れた妻をいつまでも遠くから監視するようなダ…

「風が強く吹いている」 2009

★★★★☆ あらすじ 知らないうちに大学陸上部の寮に入れられてしまった男は、仲間と共に箱根駅伝を目指すようになる。 感想 弱小大学の陸上部が箱根駅伝を目指す物語。主将によって寮に集められた個性豊かなメンバーが、それぞれの想いを抱えながら互いに助け合…

「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」 2016

★★★★☆ あらすじ 死人が流れてくる島の話に興味を持ち、女性編集者と共に現地に向かった探偵は、他の事件との関連性に気づく。タイトルの「星籠の海」の読みは「せいろのうみ」。 感想 主人公のちゃんとした紹介もないままに、続編のようにどんどんと話が進ん…

「東雲楼 女の乱」 1994

★★★★☆ あらすじ 幼い頃に遊郭に売られた女は、やがて先輩女郎が始めた遊郭でお茶子頭を務めるようになる。 感想 序盤に遊郭の一日を紹介するシーンがあるが、客を取るために必死に踊ってアピールし、裏ではバチバチやり合う女郎たちを見ていたら、現代のアイ…

「今夜、ロマンス劇場で」 2018

★★★☆☆ あらすじ 映画監督を目指す青年は、古い白黒映画の中からやって来た女性と一緒に暮らすことになる。 感想 映画を愛する主人公の青年と映画の中からやってきた女性との恋模様。女性は、演じていた女優としてではなく、映画の中の役柄の女性がそのままや…

「荒野の渡世人」 1968

★★★☆☆ あらすじ 舞台はアメリカの西部劇の時代。元侍の日本人の父親とアメリカ人の母親を殺された男は、復讐のために犯人を追う。 感想 開拓時代のアメリカに生まれ育った侍の子が、両親を殺した男たちへの復讐を誓う。冒頭は、主人公と父親の会話は日本語、…

「SCOOP!」 2016

★★★☆☆ あらすじ 凄腕の中年フリーカメラマンは、写真週刊誌の副編集長に、若い女性記者の教育を依頼される。原田眞人監督の1985年のテレビ映画「盗写 1/250秒」のリメイク作品。 感想 いわゆるゴシップネタを追うパパラッチカメラマンの物語。中年カメラマン…

「ミックス。」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 元選手だった母親のスパルタ教育に嫌気がさして卓球をやめ、普通の人生を目指していた女は、恋破れて実家に戻り、再び卓球をすることになる。 感想 開始からしばらく、新垣結衣の可愛いところを見せておけば皆喜ぶのだろう、とでもいうような…

「(本)噂のストリッパー」 1982

★★★☆☆ あらすじ 場末のストリッパーに一目ぼれした若者。 感想 森田芳光監督の第3作目。この監督は「家族ゲーム」やそれにまつわる逸話の印象が強くて、作家性の強い作品ばかりを撮っているのかと思っていたが、落語家を題材にしたデビュー作の後、アイドル…

「ゲゲゲの女房」 2010

★★★☆☆ あらすじ 婚期が遅れた女は、戦争で片腕を失った漫画家と結婚し、貧しい生活を送るようになる。漫画家・水木しげるとその妻を描いた伝記映画。 人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫) 作者:水木 しげる 筑摩書房 Amazon 感想 吹石一恵演じる主…

「内海の輪」 1971

★★★☆☆ あらすじ 不倫相手と瀬戸内の町で密会する計画を立てた女。タイトルの読みは「ないかいのわ」。 感想 崖下に転落した女性の死体が発見されるシーンから映画はスタートする。そして時間を遡り、そこに至るまでに何があったのか、その過程が描かれていく…

「赤線」 2004

★★☆☆☆ あらすじ 出所後、赤線地帯に戻ってきた男は、一人の女の元に通うようになる。 感想 赤線地帯における人間模様。様々な過去を持った女たちが集まり、そこに様々な思いを背負った男たちが群がる。低予算感はあるが、赤線地帯の猥雑な雰囲気はよく出てい…

「昼顔」 2017

★★★☆☆ あらすじ 不倫の末、互いに連絡を取らない誓約書を作成して別れた二人は、ひょんなことがきっかけで再度頻繁に会うようになる。人気ドラマの続編。 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ Blu-ray BOX 上戸彩 Amazon 感想 全然ドラマは見ていなかったのだが、そ…